骨周辺を修復する仕事|人の役に立つお仕事がしたいなら介護に関わる資格を取ろう
ウーマン

人の役に立つお仕事がしたいなら介護に関わる資格を取ろう

骨周辺を修復する仕事

笑顔の男性

手技による治療

柔道整復師は、骨や関節、それにつながる筋肉や腱、靭帯に障害が起きた時にそれを手技によって治療します。これと似た仕事に整形外科医と整体師があげられ、これらとの区別がつきにくいという声がよく聞かれます。整形外科医は、西洋医学をもとに手術や投薬によって治療を行います。これに対し柔道整復師は、東洋医学をもとにした人間が持つ自然治癒力に注目して障害を緩和していくことを基本とします。つまり、柔道整復師は手術や投薬を行わず手技と湿布、テーピングで治療を行いうのです。一方整体師も柔道整復師と同じく東洋医学による手技をもとにしていますが、こちらは骨盤や背骨の歪みが障害を起こすという考えから、これらを中心に施術を行い改善に導きます。最も大きな違いは、整形外科医は国家資格の医師免許が、柔道整復師は同じく国家資格の柔道整復師免許が必要ですが、整体師には国家資格等の公的資格は必要ないのです。このような違いを理解し自分に合った治療方法を選択することが、障害を早期に改善できるというメリットが生まれるのです。

独り立ちするまで

柔道整復師になるには養成課程がある大学か専門学校を卒業し、その後国家試験を受けて柔道整復師免許を得ることが必要です。学校では、必要な知識と技術を学ぶ他、柔道に関する実技や理念も学びます。なお、養成課程のある大学の数は非常に少ないため、多くの柔道整復師は比較的数の多い専門学校を選択しています。また、大学は4年通う必要がありますが専門学校は3年課程となっていることから、早く仕事につくことができるというメリットもあるのです。この仕事は、体を使った施術を行うことから体力が必要です。また、老若男女を問わず多くの患者さんに接し、状態を把握する必要があることから、コミュニケーション能力は欠かせません。学校で学んだ知識や技術は柔道整復師に当然必要なものですが、これと同じように体力やコミュニケーション能力も必要であるということを心に留めておくことが肝心です。