特徴を詳しく知ろう|人の役に立つお仕事がしたいなら介護に関わる資格を取ろう
ウーマン

人の役に立つお仕事がしたいなら介護に関わる資格を取ろう

特徴を詳しく知ろう

看護師

国家資格の種類

看護系の大学を志望しているのなら、まず、どの大学に行って、どの国家資格を取ろうとしているのか明確にすることをお勧めします。看護師の国家資格の取得を前提としていると思うのですが、看護師の他にも国家資格などを取得できる場合があります。例えば、保健師と助産師です。大学の4年間の修得単位で保健師と助産師の国家試験を取得できる大学もあります。これは、意外と知られていません。ただし、保健師、助産師、看護師の3つとも取得することはできません。また、3つの国家資格による仕事は、医療関係に違いがありませんが、異なった仕事に就くことになることを知る必要があります。ですから、まず、自分がどのような資格保持者として医療機関に勤めたいのか明確にしてから、必要な資格を取得できる大学を選ぶ必要があります。

さらに高度な分野も広がる

看護師国家資格の取得以外に保健師か助産師の国家資格を取得できる講座を開講している大学があることをお話しました。この先にもまだまだ、看護系職場の資格やフィールドは、広がっています。例えば、保健師免許があれば、所定の単位を取得できていれば、都道府県に届けることにより養護教諭二種免許や助産師免許の取得者は、受胎調節指導員の申請資格を取得できる場合もあります。これらのことは、大学の開講科目によって条件が異なりますので、不明な点は、遠慮なく志望する大学に問い合わせればいいと考えます。また、卒業後は、大学院(修士・博士)の課程がある場合もあり、さらに高度な看護学を学んだり実務経験を要しますが、専門看護師、認定看護師の資格取得の道が開けます。